砂漠化の進行

サハラ一帯は、完新世(1万年前~現在)以降は湿潤と乾燥を繰り返して来た。およそ8000~5000年前までの期間は湿潤で、以来現在に至るまでは乾燥した気候が続いている。20世紀以降では、1915年頃以降降水量は増加したが、1920年代以降現在までは降水量は減少傾向にある。

1960年代以降、サハラ地域を含めアフリカでは人口爆発が続いている。食料増産・生活のため、焼畑農業・過放牧・灌木の過度の伐採が行なわれ、生態系が破壊される悪循環が繰り返されている。

1968年~1973年にかけて、サハラ一帯に2500万人が被災した大規模な旱魃が発生した。なお、これを契機として、1977年に国連砂漠化防止会議(UNCOD)が開催された。しかし1983~1984年にかけ再び大旱魃が発生した。モザンビーク、アンゴラ、スーダン、チャド、エチオピアでは、旱魃に加え政情不安定もあり、飢餓で多数の死者を出した。

人口爆発・旱魃により、砂漠化は急速に進行し始めた。貧困・気候変動も密接に関連しているため、決定的な解決策は存在しないに等しい。現在でもサハラ南縁部は世界で最も砂漠化が進行している地域で、毎年約6万km2のスピードで砂漠の面積が増加し続けている。

最新ニュース